【ヘアアイロンの適正温度】

◎ヘアアイロンの適正な温度の目安は何度?

ヘアアイロンをするときって思わず温度を上げてしまいますよね。早くヘアスタイリングを終わらせることができますし、しっかりとキープ力が出る気がする…。でもそうとは限らないのがヘアアイロン!ヘアアイロンの最適な温度と使い方をマスターして、夕方までキープできるヘアを作っていきましょう♪

・ヘアアイロンを使うとどうしても髪の毛が傷んでしまったりして、カラーやパーマができないなんてこともありますよね。
ヘアアイロンを使うときは、髪の毛のダメージに気をつかってあげることが大切です。髪の毛を傷めないように、温度に気を付けながらヘアアイロンを使いましょう♪
温度だけではなく髪の毛にあてる時間も重要になってくるので参考にしてみてくださいね!

⚪︎ストレートアイロンの適正温度って何度なの?

ストレートアイロンの適正温度は140度前後。
150度前後に設定して使用することで、高温過ぎないので傷んでしまう心配が少ないです。

また、ヘアアイロンを何度もスライドさせることはなるべく避けましょう。できれば1回、多くても2、3回までにストレートになるようにしてください。
それは難しいという方は、ヘアアイロンをする前にドライヤーでブローをしてからヘアアイロンをすることでストレートになりやすくなりますよ。

⚪︎カールアイロンの適正温度は?

カールアイロンの適正温度は150度前後です。
高い温度で何度も同じ場所にヘアアイロンをあてると、傷みの原因となってしまいます。慣れてきて短時間で巻けるようになってきたら、高い温度で一気に巻き上げるのも◎。

ではさっそくヘアアイロンを使っていきましょう!
でもその前に…。
ヘアアイロンを使う時に気をつけることはご存知ですか?髪の毛を傷めないように気を付けるべきポイントをしっかりおさえることで、ツヤ髪に近づけますよ。
これから、ヘアアイロンを使う時に気をつけることを、詳しい項目に分けて説明するのでぜひ参考にしてみてください。

①乾いた髪にヘアアイロンを使う

朝お風呂に入ってから、乾かさずにヘアアイロンを使うという使い方は、髪を傷めてしまう可能性があります。
なので、ヘアアイロンを使う時は必ず髪が乾いている状態にしましょう。髪の毛を傷めないように日ごろから気をつけるのが大切です。
しっかり乾かしてから使うことで、よりアレンジも簡単に行うことができますよ。

② トリートメントをしっかりつける

みなさん普段からトリートメントは使っていますか?夜お風呂に入ったときだけでなく、ヘアアイロンを使う前にもヘアトリートメントを使うと◎。
洗い流さないトリートメントを、ヘアアイロンを使う前につけることでヘアケアができますよ。傷まないようにこのひと手間を忘れず、ヘアアイロンを使う前にはトリートメントをつけてみてくださいね。

③整えてからヘアアイロンを

さて、下準備ができたらヘアアイロンを使っていきましょう。
ヘアアイロンを使う前に必ずブローをして髪の毛を整えてください。しっかり髪を整えることで、きれいにヘアアイロンで巻くことができます。ちょっとした工夫ですが、アレンジがしやすくなりますよ!

いかがでしたか?今回はヘアアイロンで「髪を傷めないために」を解説していきました。ヘアアイロンはアレンジをするのに必要不可欠のアイテムだからこそ、使い方などはしっかり確認することが大切ですね。まずはヘアアイロンの適正温度を守ってアレンジ上手になりましょう!

この記事を書いた人

grow HAIR DESGIN