【頭皮環境が悪くなる原因】

最近良く耳にする美髪!

綺麗な髪をつくるのには、頭皮環境が良くないといけません。

皆さん、頭皮いたわってますか?

お顔と一緒でケアしてあげることで頭皮は生まれ変わります!

頭皮環境が悪くなる原因

①ストレスによる、血行不良

長時間のパソコンや、スマホ、同じ姿勢でいることで、身体がストレスを感じ、ストレスホルモンが分泌されます。ストレスは自律神経を乱し、血液の循環機能も低下してしまうのです。

ストレスによる血行不良で、栄養と酸素が行き渡らなくなることで頭皮環境が悪化します

②紫外線のダメージ

最近の紫外線は、とても強く、頭皮や、髪にかなりのダメージを与えてしまいます。

頭皮の乾燥や炎症、皮脂の酸化で頭皮環境が悪化します。

紫外線を浴び続ける事で皮脂が酸化すると毛根が収縮し、抜け毛や薄毛を招きます。

③食生活の乱れ

頭皮環境の悪化を招く皮脂は 脂っこいもの、甘いものの食べすぎで過剰に分泌されます。

皮脂が酸化することで髪が元気に生えてくることが出来なくなってしまいますので、バランスのよい食習慣をみにつけましょう。

④間違ったヘアケア

シャンプーのやり過ぎや洗浄力の強いシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。

フケ、かゆみに加え、頭皮の乾燥によって皮膚が硬くなり毛穴を詰まらせる原因になるのです。

また、余分な汚れや皮脂を洗い残すと雑菌が繁殖し、頭皮の臭いやかゆみ、頭皮の炎症を招く事があります。

頭皮環境は、一つ一つ気にしてあげることで、かなり改善していきます!

美髪に!!

という方は、頭皮環境も意識してケアしていきましょう。

この記事を書いた人

grow HAIR DESGIN