【髪のキューティクルとは】


よく耳にする【キューティクル】とは何かわかりますか??


キューティクルとは、髪の表面にある保護膜のような組織です

髪の表面のキューティクルは髪の見た目はもちろん、手触りなどにも影響します。

キューティクル同士はCMCで接着されています。

キューティクルが閉じた状態に整っていれば、サラサラで手触りがツルツルします。

逆に開いた状態でガサガサであれば、手触りが悪く、まとまりのないバサバサな髪になります。

髪にダメージをおうことでキューティクルは剥がれ落ちて枚数も減ります。

【キューティクルか剥がれる原因】
キューティクルは水に濡れると、重なり合ったうろこが外側に反ります。
これがキューティクルが開いている状態です。

この状態はキューティクルがはがれやすくなっています。


シャンプーをする時に髪同士の摩擦や、タオルで拭くようにして乾かすとキューティクルがケバ立ち、

最悪はがれてしまいます。

また、洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、キューティクルを保護している

油分まで洗い流してしまい、外からの刺激に対して弱くなってしまいます。 

キューティクルは熱にも弱いので、アイロンやドライヤーの熱でもダメージを受けます。


アイロンは温度を上げすぎず短時間で、ドライヤーは一か所に集中して当てないように

気を付けましょう。

キューティクルは一度剥がれてしまうと自力では再生できませんが、しっかりと補修してあげる事で

再生する事できます。

元気な髪が伸びきりキューティクルのある髪が復活するまでの間、キューティクルを補修して、

まだ剥がれていないキューティクルを守りましょう。

【キューティクルの保護】
キューティクルがこれ以上ダメージを受けないように外側から保護しましょう。


洗い流さないタイプのアウトバストリートメントで、キューティクルの外側をコーティングして

ダメージを受けないようにしてあげる事が大切なんです。

この記事を書いた人

grow HAIR DESGIN