【雨の日の巻き髪キープ】

雨の日でも巻き髪をキープする方法!

一生懸命巻いた髪をキープしたいのに結局崩れてしまう、、!

特に雨の日など湿度の高い時期には悩ましい問題ですよね。

今回は巻き髪を上手にキープする方法をご紹介します。

1. 髪を乾かしてブローするまず1番大切なのが、しっかり髪を乾かして、丁寧にブローをすること。

生乾きなどの水分を含んだ髪は、カールが落ちやすく、

コテやアイロンを使うことでダメージを与えてしまいます。

そのため、スタイリングをする際はきちんと髪を乾かしてから行ってください。

また、ブローのあとに、冷風をあてて落ち着かせるとより◎


2. ブロッキングをして少しずつ巻く

一度に多くの髪を巻こうとすると、一見ちゃんと巻けているように見えても、

熱が当たる部分にムラができてしまうのです。

それにより、巻けていない毛束が出たり、均一なカールが作れずに、巻きが落ちやすくなります。

そのため、全部の髪を一気に巻くのではなく、ブロッキングをして少しずつ巻きましょう!


3. 巻く時間は長めにさっと短い時間で髪を巻くと、カールが落ちやすくなってしまいます。

150度~170度ほどでじっくりとカールをつけるのがポイント!

ダメージが気になる方は、140度前後で巻いてみてください。

4. 巻いてからすぐにほぐさない

巻いた後、すぐ髪をほぐしてしまうと巻き髪がしっかりキープされません。

巻き髪はコテやアイロンを当てた後、冷える時に形がきまります。

そのため、髪が自然に冷めるのを待ってからほぐしてあげましょう。

ドライヤーの弱めの冷風でやさしく冷たい空気を送ってあげてから、ほぐすのでも◎


5. スタイリング剤をつける巻き髪が作れたら、最後にスタイリング剤をつけましょう!

スタイリング剤は髪型をキープしてくれるアイテムですが、

つけすぎてしまうと髪全体が重くなり巻き髪がとれやすくなるので、つける量には注意してください!

つけるスタイリング剤は、好みのものでOK!

ワックスやオイルだけだと心配という方は、スプレーとのダブル使いするのが、おすすめです。


いかがでしたか?せっかく一生懸命ヘアセットしたのですもの、

巻き髪はしっかりキープしたいですよね。今回ご紹介したキープ方法などがお役に立てば幸いです。

巻き髪スタイルをキープして思いっきり楽しみましょう!

この記事を書いた人

grow HAIR DESGIN