【髪を作る栄養素】

健康で丈夫な髪を作る栄養素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」

タンパク質を多く含む食材には、乳製品、肉類、魚介類、卵、大豆類。

亜鉛を多く含む食材は、牡蠣、海藻類、レバー、肉類 (赤身)、ナッツ類、大豆、ごま、ほうれん草などがあります。亜鉛はクエン酸やビタミンCと一緒に摂取すると体内に吸収されやすくもなります。

ビタミンを多く含む食材は、肉類(赤身)、魚、大豆、ナッツはビタミンBやビタミンEも豊富。

どちらのビタミンも健康な髪を育てるのに欠かせない存在です。
緑黄色野菜にもビタミンはたっぷりと含まれています。

黒々とした髪を作る栄養素は「カルシウム」や「銅」

髪に色をつける存在が色素細胞。この色素細胞を活発にしてくれるのが、カルシウムです。

乳製品、小魚、海藻類、大豆、ゴマ、大根やカブの葉、小松菜などを、積極的に食べてみましょう。

メラニン色素を作る酵素は銅イオンと結びつくことで効果を発揮します。

銅を多く含む食材は、牡蠣、イカ、干しエビ、レバー、ナッツ類、大豆、えごま。

髪に良い食材は体にも良い食材です。

意識してとってあげると、体も髪もつややかになりますね。

この記事を書いた人

grow HAIR DESGIN