【コンディショナーとトリートメントの違いって?】

普段何気なくやっているヘアケア、みなさんはきちんとした使い方を知っていますか?

よく使うコンディショナーとトリートメントの違い。

これ、意外と知らない人が多いんです!

実はこの2つ、効果的な使い方が異なるアイテム。

正しい使い方を知ることで、今よりもっと美髪になれちゃうかもしれません!

そこで今回は、コンディショナーとトリートメントの違いや効果的な使い方について特集していきます。

コンディショナーとトリートメントは何が違うの?

お風呂で使うヘアケアアイテムには、コンディショナーとトリートメント、

そして似たアイテムとしてリンスがありますよね。

なんとなく髪をサラサラにしてくれるもの、と捉えがちですが、実はこんな違いがあるんです!

コンディショナー:髪の表面から整えるもの

コンディショナーは、髪の表面をコーディングし、保護する成分を持つアイテムです。

髪は表面のキューティクルの状態によって、見た目のツヤ感や指通りが変化するため、

キューティクルを保護することが大切。

梳かしたときの指通りを整えたい人や、見た目でもわかるツヤ感が欲しい人におすすめです。

ちなみに、リンスもコンディショナーとほぼ同じ働きをしてくれます。

トリートメント:髪を内部から整えてくれるもの

トリートメントは、髪の内部に浸透する栄養成分を持つアイテム。


髪の内部に栄養が行き渡ることで、傷んだ髪を補修したり、

自分の髪質をケアしたりすることができます。

何かしらのダメージを受けて髪が傷んでしまった人や、

ややくせ毛気味なので髪質を改善したいという人におすすめです。

一緒につける?どちらかでいい?

つける順番についても解説!

髪の状態は人それぞれ。

なかにはお悩みいくつかあって、トリートメントもコンディショナーも使いたい!

なんてもいるかもしれません。

トリートメントとコンディショナーは、一緒に使ってOK!

ただし効果的に使うには順番を守る必要があります。

さっき特徴を紹介したように、コンディショナーは髪の表面を整えるもの、

トリートメントは髪を内部から整えるものです。

そのためトリートメント→コンディショナーの順番でつけるのがベター。

お肌に化粧水をつけてクリームで閉じ込めるのと同じ要領でやってみてくださいね!

ちなみに、トリートメントの中にはコンディショナーの働きを一緒に持っているものもあります。

その場合は、シャンプーのあとにトリートメントだけをつければOK。

とっても時短になるので、ぜひ自分の使っているアイテムを確認してみましょう。

この記事を書いた人

grow HAIR DESGIN